HOME > 全ての記事

かがわ文化芸術祭2015『アート塾』『紅白対抗さぬき音楽祭』御来場御礼

秋も深まってきましたね。これから寒くなって紅葉も進むでしょう。
かがわ文化芸術祭2015 主催行事『アート塾』(10/3)『紅白対抗さぬき音楽祭』(10/18)にお越しいただきありがとうございました^ ^

かがわ文化芸術祭は教育県香川が50年以上前から続けている、県民参加型の芸術行事です。その中でもこのアート塾は、今年で13年目を迎える人気講座で、県内の文化人を招いて色々な切り口で多様な文化を語る・・・というものです。
普段は演奏メインで楽しんでいただく事を考えていますが、今回はトークがメインです。トークは苦にならない方なので気軽に引き受けてしまいましたが、県主催のパーティーにもゲストで呼ばれてギター独奏を披露するなど、とても大事になってしまいました^ ^;

当日の会場は高松テルサ展示ホール。入場者を40名に限定していましたが、ラジオと四国新聞(また載りましたw5回目)で大きく取り上げられたこともあり、過去最高の60名に拡大して開催されました。



『ジプシージャズ』と『イタリアパルマのハムとチーズ』をテーマに語り合うという、世界初の催しとなりました^ ^
一見ヨーロッパ(地域性)以外に接点が無い様ですが、文化や技術の伝承、地域に根ざす事で深まり愛される・・・といった切り口でとても盛り上がりました。


個人的には、音楽をする上で、その歴史的・地域的背景なども調べる方なので、引き出しはある方ですが、特にジプシーの人たちは、故人の持ち物は殆ど燃やしてしまい、名前も忌み言葉にしてしまう・・・という価値観の中で、ジプシー音楽という文化が連綿と受け継がれてきたという事をとても興味深く聞いていただけました。

演奏ももちろん5曲ほど弾きました^ ^
来年オムニバスアルバムで発表する『四月の雨』という曲を香川で初めて演奏しました。(先日岡山では演奏済みw)


今回のアート塾は随分好評だったそうで、アンケートの回収率が過去最高の90%を超えたそうです。本当にありがとうございました^ ^またいつか出演させてください!
スタッフの皆様、バンドの皆様、ご来場のお客様ありがとうございました。

★ ★ ★ ★ 

そしてアート塾の興奮冷めやらぬ中、紅白対抗さぬき音楽祭が10/18に開催されました!
自分以外全員がクラシック畑出身という今までに経験した事のない音楽会でしたが、高松テルサ音楽ホール500席が完売と聴いてはテンションも上がります^ ^



初めてのフルオーケストラとの共演に選んだ曲は「聖ジェネヴィエーヴの丘」(通称ジャンゴのワルツ)。ミュゼットのワルツとクラシックのワルツのノリの違いにお互い戸惑いつつ、後半はアドリブを大胆に入れて楽しく演奏できました。
他ジャンルの方と交わると新しい気づきを得られるので、いつも興奮します^ ^

★リハーサル風景


終わってから知ったのですが、この出演者に混じっては中々ステージに立てないとの事!確かにみなさんプロフィールがすごい!こういった機会を得る事ができたのも、ジャンゴ・ラインハルトの音楽と、ジャンゴ・ティガールとしての活動と、応援してくださってる皆様のお陰です。いつもありがとうございます。
当日の共演者、オーケストラ、スタッフの皆様、ご来場の皆様、本当にありがとうございました^ ^
またお会いできる日を楽しみにしています♪

過去の記事一覧はこちらから

ページトップへ