HOME > 全ての記事

ジプシーギターを始めるなら#3 コード編1

この記事を読まれている方は、ジプシージャズに興味がある方が多いと思います。
もしもこれから始めるなら…
ということで、自分の経験を基に入門編(全4回)を書きます_φ(・_・

まずギターという楽器は、ピアノと同様に、コード、リズム、メロディを奏でることができる万能楽器です。
そのため、その3要素それぞれに学ぶことがあります。


★コード編

ジプシーギターは低音の響きを大事にしています。ジャンゴもギター伴奏で数多くの録音を残していますが、スカスカにならないのはここが大きいと思います。

ジプシーの生活を考えれば、かさばる楽器(ベースやピアノ)が無い状態でも問題無いように、このように進化したのではないかと勝手に想像しています。


☆ジャンゴのギターと2本のバイオリンによるバッハでジャム




低音を活かすために通常のフォームとは少し違った押さえ方をします。
特徴は、ベース音の響きが豊かになるコードフォームである事。例えば、ベース音がb2度や5度の音だったりします。

まずは基本的な押さえ方を見てください。




ロック少年には馴染みのないフォームが・・・でもここにあげたものが基本になります。
ちなみに白丸→○はルート音(Cならドの音)です。
まずは幾つかのコードをこのフォームに替えてみてください(^ ^)

特に5弦にルート音(Cならドの音)がある時は、6弦の同じフレットは5度の音(Cならソの音)である事を覚えておいてください。(フォーム表の3、6、8、10)
これだけで、ベースラインが作れます。

コードは奥が深いので、まずは抑えやすいコードでレパートリーを増やす方が、ヤル気が出ると思います(^ ^)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★Django Tigalle 次回ライブのお知らせ

<日時>
2013年2月23日(土)
第一部 20:30~(予定)
第二部 22:00~(予定)

<会場>
Shot Bar ONE WAY
香川県高松市古馬場町14-12 松浦ビル3F
(高松琴平電鉄 瓦町駅より徒歩5分/JR線 高松駅よりタクシーで5分/酔笑ラーメンの左隣のビル3階)

<出演>
ジャンゴ・ティガール(トリオ編成)



なお当日は投げ銭ライブです。
お楽しみに♪

過去の記事一覧はこちらから

ページトップへ