HOME > 全ての記事

ジャンゴおすすめアルバム vol.2

独断と偏見で選ぶジャンゴ・ラインハルトおすすめアルバム。
生前800曲以上を録音しているジャンゴだけに、色々なアルバムが存在します。

今回は音質が良いアルバムを。

といっても後期(1950年代)のスタジオ音源は音質の良いものが多いので、そこは割愛し、30〜40年代のリマスタリングされたものをご紹介。

これまでジャンゴの色々なコンピレーションやリマスタリングものを聴きましたが、音が良くて初めてジャンゴを聴く方におすすめしたいのがこれです。

Echoes of France (2000)

既に廃盤になっているものですが、時々市場に出ます^^
素晴らしいのはその粒の立った勢いのある音。
ノイズを取りつつ、軽くコンプレッサーとリミッターをかけているのではないかと思います。2000年にこのレベルのリマスタリングができるとは…

クレジットにはMastered By – Philippe Arnal, René Amelineとありました。
この10年、Arnalさんは特に活動されていないようですが、Amelineさんはビレリ・ラグレーンやGypsy Kingsのアルバムでエンジニアをしています。

選曲もナイス!
これにDouce AmbianceとDjangologyが入れば奇跡の一枚になるところでした。^ ^

1.Blues Clair
2.Bouncing around
3.Minor swing
4.St. Louis Blues
5.Django's Tiger
6.Tears
7.Limehouse blues
8.Sweet Chorus
9.Ol' man river
10.Si tu savais
11.Viper's Dream
12.In A Sentimental Mood
13.Daphné
14.Oriental Shuffle
15.Sweet Sue, Just You
16.Nuages
17.Are you in the mood?
18.Echoes of France (La Marseillaise)

試聴はitunes music storeで出来ます。mp3盤の購入も可能です。

友達がパリに遊びに行った時にこのアルバムを持って行ったそうで、一気にジャンゴにはまったと言われた時は嬉しかったですね。オススメです^ ^

過去の記事一覧はこちらから

ページトップへ